イオンゴールドカード



イオンカード会員ならば、将来的に取得を目指したいのがイオンゴールドカード。
イオンゴールドカードは年会費無料ながら、十分な付帯保険そしてイオンユーザーに嬉しい特典が満載のクレジットカードです。

ここではイオンゴールドカードの特徴や詳細情報を分かりやすくご紹介。

ゴールドカードは魅力的でも、実際に使うかは分からないからもったいないと考えていませんか?
そんなイメージをがらっと変えてくれるのがイオンゴールドカード。

コストパフォーマンスや実用性に優れたイオンゴールドカードのサービスをさっそくチェックしてみましょう!


嬉しい特典多数!イオンゴールドカードのスペック

イオンゴールドカードの特典

ここではまずイオンゴールドカードの基本的な情報を紹介しています。

イオンゴールドカードの最大の特徴は年会費が無料なこと。ゴールドカードと言えば年会費がかかることがほとんどですが、イオンゴールドカードならば無料です。

しかしながら、そのサービスは大満足の内容!

嬉しい特典が満載のイオンゴールドカードのスペックを確認してみましょう。

基本情報

カード名 イオンゴールドカード
発行会社 イオン銀行
券面タイプ ゴールド
入会資格・発行条件 招待制 イオンカード会員で一定の基準を満たした方 ※直近年間カードショッピング100万円以上、その他の基準を満たした方。
キャンペーン 商品券プレゼントなどの期間限定キャンペーンあり

基本スペック

年会費 無料
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
※ディズニーデザインはJCBのみ
ショッピング限度額 最高300万円
キャッシングリボ限度額 1,000円〜300万円
締日支払日 10日締め翌月2日払い
支払猶予期間 最長25日間

支払い方法

1回払い
2回払い
分割払い
リボ払い
ボーナス払い
ボーナス2回払い
ボーナス払い支払月 夏:7/2、8/2、9/2のいずれか
冬:1/2
ボーナス2回払い:1/2、8/2
金利 ・ショッピングリボ払い
15.00%
・ボーナス払い、ボーナス2回払い
0.00%〜8.00%
※利用金額5万円以上でボーナス2回払い手数料3.00%
・分割払い
10.05%〜12.42%
・キャッシング(残高スライド元利均等返済方式)
7.80%〜18.00%
その他 イオン銀行以外の金融口座も支払口座に利用可能

追加カード

家族カード発行可能枚数 3枚まで
家族カード年会費 無料
ETCカード発行可能枚数 1枚につき1枚
ETCカード年会費 無料
その他追加カード -

ポイント

ポイントプログラム ときめきポイント
還元率 【一般】0.50%〜
【提携】1.00%〜
交換レート 【一般】200円で1ポイント
【提携】200円で2ポイント
有効期間 24ヶ月
商品券への交換 JCBギフトカード:1,250ポイント→1,000円
イオン商品券:1,250ポイント→1000円
ワタミグループお食事券:1,000ポイント→2,000円
電子マネーへの交換 WAON:1,000ポイント→1,000円
マイルへの交換 JALマイレージ:1,000ポイント→500マイル
備考 【ときめきポイントWデー】
毎月10日はカード利用で基本ポイント2倍
【ときめきポイントクラブ】
加盟店でのカード利用でポイント2〜5倍

マイレージ・ラウンジ

国内空港ラウンジ 羽田空港
海外空港ラウンジ -
プライオリティ・パス -
マイル交換レート JALマイレージ:1,000ポイント→500マイル
マイル還元率 0.250%
フライトボーナスマイル -
更新時ボーナスマイル -
備考 -

保険

海外旅行死亡保険 3,000万円
海外旅行傷害後遺障がい保険 3,000万円
海外旅行傷害・疾病治療費用 100万円
海外旅行入院保険 -
海外旅行通院保険 -
海外手術給付金 -
海外賠償責任保険 3,000万円
海外携行品損害保険 30万円
海外救援車費用 100万円
海外航空便遅延保証 -
国内旅行死亡保険 3,000万円
国内旅行傷害後遺障がい保険 3,000万円
国内旅行傷害・疾病治療費用 -
国内旅行入院保険 日額5,000円(最高180日分)
国内旅行通院保険 日額3,000円(最高90日分)
国内手術給付金 -
国内賠償責任保険 -
国内携行品損害保険 -
国内救援車費用 -
国内航空便遅延保証 -
ショッピング保険 年間300万円
その他保険 ETCゲート車両損傷お見舞金制度



発行の条件や審査基準は?

イオンゴールドカードの審査

年会費無料のイオンゴールドカードは、主婦に人気のゴールドカードです。

ゴールドカードの中では取得条件に対する敷居が低く、イオンゴールドカードはどなたでも所持しやすいゴールドカードになっています。

ここではイオンゴールドカードの発行条件や審査について分かりやすくご紹介。

どうしたらイオンゴールドカードが手に入るのでしょうか?


対象カード:セレクトやwaon一体型もOK

イオンカードゴールドは、直近年間カードショッピングが100万円以上という条件を満たせばインビテーションを受けることができます。

対象となるカードの条件はイオンカード、イオンカード(WAON一体型)、イオンカード(ディズニー・デザイン)、イオンカードセレクト、イオンカードセレクト(ディズニー・デザイン)です。

インビテーションの条件は直近の利用額だけでなく、累積利用額やイオン系列の店舗でどれだけクレジットカードを使っていることなども条件に含まれます。


インビテーションなので審査はほとんどなし

インビテーションを受けた時点でゴールドカード所持の条件を満たしているので、審査はほとんどありません。

公式サイトには審査の内容によっては申込みの意に沿えないこともあると記載がありますが、書類の返送後に審査に落ちたという口コミは見つかりませんでした。

もちろん誰しもが100%審査に通るとは言い切れないものの、普通の使い方をしていれば審査落ちのリスクはまずないでしょう。


ゴールドカードなのに年会費無料

イオンゴールドは年会費無料

かつてイオンカードはイオン系列のお店で使うクレジットカードというイメージが強いものでした。

しかし最近ではポイントサービスの内容が強化され、イオンでの買い物だけではなくお得に便利に使えるクレジットカードとして、幅広い方に選ばれています。

そんなイオンカードのゴールドクラス、イオンゴールドカードはゴールドなのに年会費無料!

イオンゴールドカードはどのようなことに活用できるのでしょうか?

通常のイオンカード特典
会員割引 毎月20日、30日はイオンカードのお支払いで買い物代金5%OFF
ポイント ・イオングループの対象店舗でポイント2倍、毎月10日はポイント2倍
・ポイントサイト経由で最大21倍
特典・優待 ・イオンワールドデスク
・イオンマークの施設で優待割引
保険・保障 ・ショッピング保険
・カード盗難補償
キャンペーン 55歳以上の会員は毎月15日WAONの利用で買い物代金5%OFF
イオンゴールドカードは上記のイオンカード特典に加え、ゴールドカードならではの特典が多数付帯しています。

ノーコストなのでお得!
ゴールドカードのメリットと言えば付帯保険。イオンゴールドカードは年会費無料なので、時々しか旅行に行かない方でもコストが気になりません。

特に海外旅行傷害保険は自動付帯となるので、イオンゴールドカードで旅行代金を支払していなくても補償対象。ノーコストなので持っていればそれだけでお得と安心がプラスされます。

割引がお得!
イオンカード会員は毎月2回の割引がありますし、この他にも年に何度かカード会員限定の優待セールなども行われています。

年会費がかかると、割引があるとは言ってもクレジットカードを作るのはもったいないと感じるかもしれません。イオンゴールドカードは持っているだけでお得なサービスです!


イオンゴールドカードの限度額はいくら?

ゴールドカードと言えば充実した付帯サービスや特典、そしてなんといっても高額な限度額が特徴です。 利用枠はいくら?



より大きな利用枠を求めて、一般カードからゴールドカードへの切り替えを希望する方も多くなっています。

ここではイオンゴールドカードの限度額についていろいろな情報をリサーチしました。

イオンゴールドカードはどのくらい使えるクレジットカードなのでしょうか?

上限は300万円
イオンゴールドカードの公式サイトでは限度額が公開されていないものの、キャッシングの利用可能枠やショッピング保険の補償額から上限は300万円だと考えられます。

イオンカードから変わらない場合も
口コミでは、イオンゴールドカードに切り替えをしたほとんどの方が100万円以上の利用枠を獲得しています。

しかし中には、イオンゴールドカードに切り替えをしたのに、イオンカードと全く同じ利用枠だったという方も。このような方のケースを調べてみると、他にも多数のクレジットカードを所持していました。

クレジットカードを持ちすぎてしまうと、ゴールドカードなのに使える金額が小さいという事態を招く原因になってしまいます。


羽田空港ラウンジや、全国の「イオンラウンジ」が使える

イオンラウンジと羽田空港ラウンジ使用可能

ゴールドカードには空港のラウンジが使えるという特典があります。

年会費無料のイオンゴールドカードにもささやかながら、空港ラウンジそしてイオンのラウンジが使えるサービスが付帯しています。

このような空港ラウンジやイオンラウンジは普段使わないという方がほとんどかもしれません。しかし気が付いたときに使ってみるととても便利。

イオンゴールドカードは年会費無料なので、持っていれば損をしないカードとして活用したいですね!

羽田空港ラウンジ
イオンゴールドカード会員は羽田空港内計6箇所のラウンジが利用可能。フリードリンクやテレビ、雑誌・新聞などが用意されている他、一部のラウンジではシャワールームやパソコンブースなども利用できます。

イオンラウンジ
イオンラウンジは全国のイオンモール内などに設置された会員専用のラウンジ。ラウンジ内ではプライベートブランドの試供品をお試しすることができ、お買い物の合間の休憩にとても人気があります。


国内・海外旅行保険が無料で自動付帯

国内・海外旅行保険が無料

ゴールドカードには保険が付帯しているため、この保険を目的にゴールドカードに入会する方も多いです。

しかし時々しか旅行に行かない方ですと、年会費と比較したときにコスパが悪い感じる場合も。

年会費無料のイオンゴールドカードならば、年に一度しか旅行に出かけないという方でも、その一度にしっかりとした安心をプラスしてくれます!


国内旅行保険

イオンゴールドカードにて、旅行代金を支払うことで最高3,000万円の補償を受けることができます。

イオンゴールドカードは傷害による死亡・後遺障害の他にも入院や通院をカバーしてくれる充実した内容の付帯保険となっています。


海外旅行保険

海外旅行中のケガや病気は、イオンゴールドカード会員ならば自動で最高3,000万円が補償されます。

イオンゴールドカードで旅行代金を支払う必要はなく、家族カードも同様の補償が備えられています。


ショッピングセーフティ保険

イオンゴールドカードにて買い物をした商品が偶然に壊れてしまった場合、購入日から180日間その商品の代金(1品5,000円〜300万円)が保証されます。


家族カードは3枚まで!保険も同じ内容が適用

追加カードについて

クレジットカードはコストパフォーマンスを考えることが一番大切です。

コスパを考えるときに重要なのが家族カード。

家族カードとは本人会員の家族が使える追加のクレジットカードです。

ここではイオンゴールドカードで家族向けの追加カードを使うことでどのようなメリットがあるのかを紹介しているのでぜひ活用してください!

発行基準
生計を共にする18歳以上の家族に対して発行できます(高校生を除く)。

3枚まで追加発行できる
イオンゴールドカードの家族カードは3枚まで発行することができ、なおかつ追加のカードもゴールドとなっています。

ETCも1枚につき1枚使える
イオンゴールドカードは追加カード含め、1枚につき1枚のETCカードを無料で使うことができとてもお得です。

付帯保険も同様の補償内容
イオンゴールドカードならば家族も付帯保険を同条件で使うことができます。口コミではご主人の出張時、お子さんの留学や旅行時などに利用されていました。

ポイントが貯まってお得
家族が使った分のポイントもイオンゴールドカードに合算されるので無駄が有りません。

家族カード活用法 「仕送りしているお子さんに」
生計を共にすることは必ずしも同居が求められるわけではありません。下宿しているお子さんに仕送りをしている場合、食費だけをイオンゴールドカードで支払うという使い方もできます。


ダイエー株主なら、優待機能付きのイオンゴールドカードが発行できる

ダイエー株主の優待特典

ダイエーの株主だったという方に朗報です!

元株主の方は、インビテーションを受けることなくイオンゴールドカードに入会できます。

イオンゴールドカードは年会費無料なので、まだゴールドカードを持っていない方にとてもおすすめです。

ここではどのように元ダイエー株主がイオンゴールドカードを取得することができるのかを紹介しているので参考にしてください。

イオンゴールドカード(ダイエー優待機能付)の申し込み方法は?
ダイエー優待機能付きのイオンゴールドカードに申し込みをするには、旧株主番号とパスワードが必要です。

旧株主番号とパスワードはダイレクトメールで確認できます。基本的には案内が届いたタイミングで申し込みを行います。

優待内容
イオンゴールドカード(ダイエー優待機能付)はいつでもダイエー店舗での買い物が3%OFFされます。ただしクレジットカード払いのみの優待で、WAONや現金払いは対象外です。

最近ではダイエー店舗を見かけることも少なくなりましたが、現在イオンやマックスバリューになっていても、旧ダイエー店舗ならば優待を使うことができるので安心してください。


イオンシネマで映画鑑賞の割引が受けられる

イオンシネマの割引が受けられる

イオンカード、そしてイオンゴールドカードは映画鑑賞が趣味の方にとてもおすすめ!

実はイオンマークのクレジットカードで、イオンシネマの映画料金を割引してもらうことができるんです。

イオンゴールドカードを含め、ゴールドカードの細かい優待特典はチェックされていないことが多く、実はこんなお得があったのかと後になって気が付くことも。

ここではうれしい映画鑑賞割引の詳しい内容やその他の優待施設などを紹介しています!

イオンマークのクレジットカードでいつも300円OFF
イオンカード、イオンゴールドカードで映画料金を支払いすると、一般料金から割引されます。(※詳しい条件は公式サイトをご確認ください)

毎月20日、30日は映画が1,100円
イオンカード、イオンゴールドカードによる支払いで毎月20日と30日も映画料金が割引されます。

同伴者も1名割引対象
イオンカード、イオンゴールドカード会員だけでなく同伴者も1名分の映画料金も割引対象となります。

映画以外にも優待施設が満載!
イオンカード、イオンゴールドカードならばこの他にも富士急ハイランド、鴨川シーワールド、東京サマーランドなどのレジャー施設が優待価格で利用できます。

全国各地の優待施設は公式サイトにて検索できるのでぜひ活用してください。


ディズニーデザインもあり!申し込むには?

ディズニーデザインに申し込むには

ディズニーファンならば、ディズニーに関連したグッズやサービスは絶対に見逃したくないですよね。

イオンカードやイオンゴールドカードにはディズニーファン必見のディズニーデザインがあることをご存知ですか?

トレードマークのミッキーマウスは切手風のデザイン。

一般カードはベージュカラーですが、イオンゴールドカードはミッキーマウスもゴールドカラーでとてもゴージャスになっています!

通常デザインからの切り替えは不可
現在、イオンカード(通常デザイン)をお持ちの場合、残念ながらイオンゴールドカード切り替え時にディズニーデザインに変更することはできません。

ディズニーデザインが欲しい!
将来的にディズニーデザインのイオンゴールドカードが欲しい場合は、まずディズニーデザインのイオンカードセレクトもしくはイオンカード(WAON一体型)を申し込みしましょう。

JCBブランドのみ
ミッキーマウスが描かれたイオンカード、イオンゴールドカードはJCBブランドのみの発行となります。なお、家族カードは通常デザインのカードとなるため注意しましょう。