シティエリートカード

シティエリートカードの特徴と詳細情報

カードの基本情報


シティエリートカードは3,000円と安い年会費でありながら、充実したサービスが特徴のカードです。シティゴールドカードの下に位置するカードですので、シティゴールドを狙っている方にもおすすめ。 シティエリートカード


このカードのメリットや特典


空港ラウンジ無料サービス
国内全国の空港にて空港ラウンジが無料で利用できるサービスです。

シティカードトラベルデスク
こちらのサービスは要望に合わせて旅行プランを案内してくれる特典。宿泊施設や交通機関の手配もすべて電話一本で対応してくれる便利なデスクです。忙しくてもストレスなく間違いのないプランニングができるのはうれしいポイント。

フラワーサービス
24時間、オンラインで指定の場所に産地直送の花を届けてくれるサービスです。短文のメッセージを付けることもできるので、お祝いの場やお見舞いにもおすすめになっています。

旅行付帯保険
国内外どちらの旅行でも、カードで旅行代金を支払ったものに関して最大で3,000万円補償の保険です。

バイヤーズプロテクション
カードで買った商品が破損、盗難、火災等の偶然な事故で故障したり、使用できなくなった場合に年間最大200万円を補償してくれる保険です。その際に自己負担額として10,000円を支払わなくてはいけませんが、安心して商品を購入することができますね。

シティリワードポイント
通常のポイント還元率が0.768%とシティゴールドのポイント還元率には劣りますが、カードのポイント還元率は0.5%が標準ですので十分お得なカードです。また、100円あたり2ポイント貯まりますが、リボルビング払いにすると100円で3ポイント貯まるようになるので、使い方次第でもっとポイント還元率の上がるカード。

年会費とマイル


年会費は3,000円とゴールドカードの中でもかなり安いです。その分シティゴールドカードよりスペックは劣りますが、それでも十分すぎる特典ですので高コストパフォーマンスのカードになっています。またマイルへの交換も1,000ポイント200マイルに交換することができ、以下の航空会社で利用できます。

  • キャセイパシフィック航空/アジア・マイル
  • ブリティッシュ・エアウェイズ/エグゼクティブ・クラブ
  • エティハド航空/Guest
  • エバー航空/Infinity MileageLands
  • ガルーダ・インドネシア航空/ガルーダフリークエントフライヤ(GFF)
  • マレーシア航空/エンリッチ
  • カタール航空/プリビレッジクラブ
  • シンガポール航空/クリスフライヤー


取得の条件、審査の条件


公式ページによると22歳以上で年収が200万円以上の方だと入会しやすいようです。22歳というと社会人の方も多いかと思いますので、安定収入がある方であれば比較的入会しやすいと言えるでしょう。

上位にシティゴールドカードがあり、下位カードからだと入会しやすくなるので、シティゴールドが欲しいという方には特におすすめです。また、コスパがかなりいいのもこのカードの特徴ですのでお得にカードを利用したい方にもおすすめ。
22歳以上で年収200万円以上ならOKコストパフォーマンスに優れたカード

このカードのステータスとよく比較されるカード


いわゆるヤングゴールドカード(ゴールドカードの下位カード)に位置するカードですので、ステータスはゴールドカードよりは低めになっています。ですが、より若いうちから持つことができ、上位のカードにランクアップすることができるので、新社会人〜中堅社会人の方まで幅広くおすすめできるカードです。

比較されるカードとしては三井住友VISAプライムゴールドやMUFGカードゴールドなどが挙げられます。


次の記事をチェックする ≫