ゴールドカードの良い点、悪い点

ゴールドカードのメリットデメリット

概要、一般カードと比較


当然のことですが、一般カードと比較すると、ゴールドカードは付帯保険の金額や手厚さ、ポイントの還元率、ついてくる特典の多さや質などが全然違います。ゴールドカードの方がマイルの還元率も高いことがしばしばあります。

オトクにANAやJALのマイルを貯めたい方は、それぞれゴールドカードの還元率もチェックしてみるといいでしょう。また、サービス内容がいい分、年会費が高いのもゴールドカードの特徴になっています。(中には条件を満たすことで年会費が無料になるサービスもあるので参考にしてみてください。)

一般クレジットカードとの比較


メリットと優待特典


もちろんゴールドカードによってメリットや優待特典は異なりますが、定番のサービスも数多くあります。この項ではゴールドカードのよくあるメリットや優待特典について紹介していきたいと思います。

付帯旅行保険
申請や手続きをしなくとも、カードを持っているだけで旅行のトラブル時に、代わりに補償をしてくれるという保険です。この保険には適用される条件として「利用付帯」のものと「自動付帯」のものと2種類あります。

利用付帯保険とはカードで旅行代金を支払った場合に適用されるようになる保険です。一方で自動付帯保険は、カードを持っているだけで適用される保険のことで、クレジットカードで支払いをしなかった旅行でのトラブルでも、保険金を受け取ることができるというものになります。

無料空港ラウンジ
ゴールドカードの特徴の一つとして、空港ラウンジが無料を使用できるカードが多いことも挙げられます。大体のゴールドカードで主要国内の全国の空港と仁川国際空港、ホノルル国際利用できる便利なサービス。待たされがちな空港でゆっくり出発時間まで待てるのは嬉しいポイントですね。

手荷物無料サービス
こちらの優待特典も、ゴールドカードで良く見受けられるサービスです。この特典は旅行の際に自宅から空港まで、もしくは空港から自宅まで、スーツケースを1個まで無料で運んでくれるサービスです。カードによって復路のみ無料だったり、そもそも無料ではない場合もあるので詳しくはそれぞれのカードを確認してみてください。

ステータスの高さ
一般カードと比べるとゴールドカードは審査基準や取得条件が厳しい分、ステータスが高いと評価されることが多いのもゴールドカードのひとつのメリットであると言えます。

付帯旅行保険・無料空港ラウンジ・手荷物無料サービス・ステータスの高さ

ゴールドカードのデメリット


デメリットはやはり年会費の高さです。標準的なゴールドカードの年会費が10,000円と安い金額ではないですので、最低でも年会費を回収できるくらいには特典や優待を活用したいところですよね。最近では優待や特典の一部をカットして年会費を安く抑えたゴールドカードもあるので、そちらも参考にしてみてください。


次の記事をチェックする ≫