手厚い海外旅行保険のカード

海外旅行保険の手厚いカード

旅行付帯保険について


クレジットカードに入会する際にチェックしておきたいのが旅行付帯保険。特に海外旅行は国内旅行より危険ですので、クレジットカードの旅行保険があると安心です。わざわざ海外に行くたびに保険に入るという方法もありますが、面倒ですしその都度お金もかかります。

クレジットカードの付帯保険ですと、他の特典や優待も使えて一石二鳥ですのでおすすめです。また、持っているだけで保険が適用される便利なクレジットカードもあるので、もしもの時にも安心。このページでは特に危険な海外旅行でも安心な、海外旅行付帯保険が付いたゴールドカードを紹介していきたいと思います。

ゴールドカードでも一般カードでも旅行付帯保険はついていたほうが安心です


自動付帯と利用付帯


まず知っておいていただきたいのが「自動付帯保険」と「利用付帯保険」です。利用付帯の旅行保険はクレジットカードで決済した旅行中に、トラブルやアクシデントがあった場合に保険が下りるというもの。

利用付帯の保険では、カードで決済していないものに関しては一切適用されません。一方で、自動付帯旅行保険は、旅行中に事故やトラブルによって損害を被った場合に、カードで決済した旅行でもそうでなくても、カードを持っているだけで保険が適用されるというもの。

なるべくなら、いつ何があってもいいように、より安全な自動付帯の旅行保険のカードを選ぶのがおすすめです。

自動付帯と利用付帯の説明


同行した家族にも適用される?


これもカードによって適用されるものと適用されないものがあります。また、ここで気を付けなくてはいけないのが、自動付帯で旅行保険が適用されるカードでも、家族は自動付帯では保険の対象にならない場合があるということです。

さらに気を付けなくてはいけないのがカード会員の家族への補償額は本人の補償額より圧倒的に少ないという点です。もし家族のことが不安であるならば、家族カードを作っておき、さらに旅行代金もカード決済にして、自動付帯ではなく利用付帯の保険を付けておくようにしましょう。

どのカードが保険が手厚い?


今回はゴールドカードクラスの付帯保険について比較ということでしたが、調べてみるとゴールドカードの旅行付帯保険にはいくつかパターンがあったので紹介したいと思います。

国内外ともに最高5,000万円補償、全額自動付帯パターン
NTTグループカードゴールド、楽天プレミアムカードなど

国内・海外旅行での最高補償額が1億円と5,000万円で基本が利用付帯、一部(5,000万円)が自動付帯のパターン
アメリカンエキスプレスゴールドカード、ダイナースクラブカード、JCBゴールドカード

最強スペック保険のゴールドカード
海外旅行で最高1億円、国内旅行で最高5,000万円補償で、どちらも全額自動付帯のライフカードゴールドが付帯保険最強のカードでした。これだけの金額を自動付帯で保障されているのはかなり心強いですね。

また、会員の家族にも最高で1,000万円補償の保険が自動付帯で付くので、これも安心でうれしいポイントです。家族で海外に行かれる方などは持っておいて損はないカードと言えます。


次の記事をチェックする ≫