年会費やマイルなどスペックで比較

年会費やマイルなどスペックで比較

スペックで比較


こちらのページでは、特にスペックの高いカードを取り上げて比較することで、本当にお得なゴールドカードはどれか検証してみたいと思います。

今回はお得度で人気の高いセゾンゴールドアメリカンエキスプレスカード、楽天プレミアムカード、シティバンクダイナースクラブカード、タカシマヤカードゴールドを対象に比較したので、ぜひゴールドカード選びの参考にしてください。

スペックの高いゴールドカード4種を比較表でまとめました
セゾンゴールド 楽天プレミアム シティダイナース タカシマヤゴールド
年会費 10,000円 10,000円 22,000円(※無料) 10,000円
審査条件 18歳以上 20歳以上 27歳以上 27歳以上
ポイント還元率 1.00% 1.00% 0.40% 1.00%
最大ポイント還元率 1.05% 2.00% 0.40% 8.00%
マイル移行 JAL、ANA ANA ANA ANA
マイル還元率 0.5%、0.6% 0.50% 1.00% 0.25%
付帯保険 5,000万円(利用) 5,000万円(自動) 1億円(利用・自動) 1億円(利用・自動)
空港ラウンジ
優待・特典1 エクスペディア優待 ポイント還元率加算 コース料理1名無料 高島屋でオトク
優待・特典2 トラベルサービスデスク プライオリティパス レストラン優待 会員制クラブ優待
優待・特典3 海外電話対応サービス 高級料亭代行予約 ゴルフ、ホテル割引
優待・特典4 セゾン特典が使える ゴルフ優待 エステ割引
優待・特典5 フィットネスクラブ優待
ステータス


年会費、審査条件など:年会費は10,000円と相場通り。審査条件は二極化。


シティダイナースを除く3カードはゴールドカードの年会費の相場通り10,000円でした。一方、シティダイナースは22,000円と他を圧倒する年会費ですが、こちらは年間のクレジット利用額が30万円以上ならば翌年度の年会費が無料という、かなりお得な特典が付いています。

年間30万円というと、月に25,000円分の支払いをクレジット決済すればいい計算になるので、比較的達成しやすい条件ですね。下手をすれば22,000円を払わなくてはいけませんが、この特典は魅力です。

一方で、審査基準は、若いうちからでも持てるセゾンゴールド、楽天プレミアムに対し、年齢もさることながら社会的信用も求められるシティダイナース、タカシマヤゴールドと大きく分かれました。

最もポイントやマイルが貯まりやすいカードはどれか?


通常ポイント還元率は、どれもあまり変わりませんが、特徴が顕著に現れたのが最大ポイント還元率でした。特にタカシマヤカードの8%は群を抜いています。ただし、ポイントは高島屋系列でしか利用できないので注意が必要です。

一方、楽天プレミアムも最大ポイント還元率2%とレートが高いカードです。楽天のポイントは楽天グループでの利用が出来るので、通販から旅行、美容など様々な場面使えるのが魅力。一方で、航空会社のマイル還元に関しては1%ANAマイル還元のシティダイナースが最も還元率の高いカードとなりました。

また、タカシマヤゴールドに関しては0.25%と低いレートですが、高島屋でのお買い物で100円あたり8ポイント貯まるので、最大ポイント還元率時の利用でマイル還元率は2.%となるので、隠れた高還元率カードと言えます。

付帯保険や空港ラウンジ等、旅行の際の特典で比較:ラウンジなら楽天


付帯保険に関しては最高1億円補償のシティダイナースとタカシマヤゴールドの2強でした。一方で無料空港ラウンジサービスに関しては、基本的にはどのカードにも付帯していて、どれも国内主要空港と一部海外の空港にて使えるというものです。

しかし、楽天プレミアムにはプライオリティパスのプレステージの会員特典が付きますので、空港ラウンジに関しては圧倒的に楽天プレミアムがお得です。これは年会費399ドルで世界中700以上の空港のVIPラウンジが無料で利用できるというサービスですので、海外によく行く方に楽天プレミアムは外せない選択肢です。

その他特典で比較:シティダイナースの圧勝


その他の特典ではやはりダイナースと同等のスペックを持つシティダイナースが充実していました。また、セゾンとアメックス両方の特典が使えるセゾンゴールドもサービスが手広く、充実しています。ポイントではかなりお得だった楽天とタカシマヤはサービス内容は普通のゴールドカード並みでした。

総括


ポイントなら楽天プレミアムかタカシマヤゴールド、サービスならシティダイナース、バランスのいいセゾンゴールドといった結果になりました。特にタカシマヤゴールドは高島屋を頻繁に利用する方にはかなりお得に利用できるカードです。それぞれ特徴が色濃く出ているので、これを参考にして、自分に合ったお得なカード選びをしてみてください。


次の記事をチェックする ≫