圧倒的なコストパフォーマンス!JCBゴールドカード

JCBゴールドの特徴と詳細情報

カードの基本情報


国内随一の国産カードブランドであるJCBが自社発行しているプロパーのゴールドカード。保険の手厚さとポイントプログラムに大きな特徴を持っています。 JCBゴールドカード


このカードのメリットや特典

手厚い保険
  • 旅行付帯保険
海外旅行最大1億円、国内旅行で最大5,000万円という数あるカードの中でも手厚い保険が魅力のJCBゴールド。この額はJCBゴールドで旅行代金の支払いをした場合のみですが、JCBゴールドの保険のすごいのはJCBゴールドで支払っていない旅行に関しても最大5,000万円の補償が付くという点です。さらに国内旅行でも海外旅行でも適用されるのがこの保険の手厚さ。

  • ライフアクシデントケア
JCBならではの空き巣や犯罪の被害に遭った際に、見舞金や入院費用として、最大1,000万円の補償をしてくれるという保険。もしものときに心強い保険ですね。

  • ショッピングガード保険
こちらの保険は国内でも海外でも、JCBゴールドで購入した商品に関して破損や盗難があった場合に、90日間、最大で300万分を補償するというサービス。大きな買い物を気兼ねなくできるので安心できるのは嬉しいポイント。

年会費とマイル情報


年会費は10,000円とゴールドカードの年会費相場ぴったりの価格です。マイル交換もデルタ、ANA、JALに対応しており、1ポイントあたり3マイルで移行手数料が無料なのも○です。

  • OkiDokiポイントプログラム
これはJCBのポイントサービスの名称です。JCBゴールドカードのポイント還元率は0.5%と標準ですが、OkiDokiポイントプログラム提携店で利用すると大幅にお得になります。

セブンイレブンやスタバでお買い物に利用すると2.5%還元になったり、Amazonで利用すると2.0%バックになったりと、使い勝手のいいカード。 さらにこのポイントはANA、JAL、デルタそれぞれのマイルに移行することができるのも便利ポイントです。

取得の条件、審査の条件


20歳以上、安定収入のある方が対象のカード。学生は申し込み不可になっています。JCBゴールドを取得するには、直接JCBゴールドカードを申し込むか、一般JCBカードからランクアップさせるかの二通りです。口コミを見ているとJCBの会員歴がない方だと審査が厳しめになっているようです。

一方でJCBの一般カードを毎月利用していた方であれば、利用額がそんなに多くなくとも審査に通る可能性が高いカードになっています。

20歳以上で安定収入のある方であれば所有可能。JCBの一般カードを毎月頻繁に利用していれば
ステップアップも比較的簡単

このカードのステータスとよく比較されるカード


よく比較されるカードとしてアメックスゴールドや三井住友VISAゴールド、シティゴールド、ダイナースクラブカードが挙げられます。そもそもが国際ブランドのプロパーカードですので、ステータスの高いカードと言えますが、言わずと知れたステータスカードのアメックスゴールドやダイナースと同列視されているJCBゴールドもまた、かなりのステータスカードと言えるでしょう。


次の記事をチェックする ≫