クレジットカードの会費について

クレジットカードを年会費で比較する

ポイント還元率が高く、様々な特典のあるゴールドカード。日常的にクレジットカードを使っている方なら、その魅力的な特典内容に惹かれるのではないでしょうか?

しかしゴールドカードにも様々な種類があって、どのカードにするか迷ってしまいますよね。しかも「ゴールドカード」と一言に言っても、年会費は無料から数万円のものまで様々。

「ゴールドカードの年会費の平均は?」「年会費無料のゴールドカードはあるの?」
あなたもこのように、ゴールドカードの年会費に関する疑問を抱えているのではありませんか?

そこで今回はゴールドカードの年会費に関する基本情報や、年会費の金額別におすすめのゴールドカードをご紹介します。


平均的なゴールドカードの年会費相場はいくら?

ゴールドカードの年会費相場は?

ゴールドカードの年会費はピンからキリまでありますが、一般的に年会費1万円前後のゴールドカードが多く見受けられます。年会費が1万円前後のゴールドカードには、標準的なゴールドカードのサービスが利用できると考えて良いでしょう。

三井住友VISAゴールドカード(税抜10,000円)

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカードは、インターネットから申し込むと、初年度年会費が無料になります。

また、通常の三井住友VISAカードの2倍もボーナスポイントが付与される他、一流旅館やホテル宿泊予約サービス「リラックス」が提供している価格から3,000円割引するサービスがあるため大変お得です。

海外・国内旅行損害保険や空港ラウンジサービスなど、ゴールドカードならではのサービスも充実しています。

その他、カードの裏側に顔写真を入れるICカードを選ぶこともできるます。
様々な特典を受けられるゴールドカードだからこそ悪用されたら心配だという方も、三井住友VISAゴールドカードなら安心です。


楽天プレミアムカード(税抜10,000円)

楽天プレミアムカード

ポイント還元率が高いため、利用者が多い楽天カード。そんな楽天カードのゴールドカードにあたる「楽天プレミアムカード」は楽天市場で買い物をする場合、最大でポイントが6倍になります。

また、入会時には入会特典として楽天スーパーポイントが最大15,000ポイント付与されるので、大変お得です。

空港ラウンジ無料利用特典のあるゴールドカードは多いですが、海外の空港ラウンジは利用できなかったり、利用できる空港が限られている場合が多いです。
しかし楽天プレミアムカードなら900か所以上の海外空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パスに無料で申し込むことができます。

また、楽天トラベルを利用するとポイントが3倍付与され、更に自宅から空港まで手荷物を宅配してくれるサービスの無料クーポン券を利用できるなど、旅行によく行く方には嬉しい特典が多いのが特徴です。


いくらから「安い」と言えるのか?

年会費はいくらからが安い?

通常だと1万円ほど年会費がかかるゴールドカードですが、実は「格安ゴールドカード」に分類される年会費2,000円前後の安いゴールドカードも存在するのです!

年会費が安い分、年会費が高額なゴールドカードと比べると特典が少ない場合もありますが、
「通常のゴールドカードは様々な特典がついているけれど、全ては使わない!」
「必要な特典だけがついていて、年会費が安いなゴールドカードを持ちたい!」
という方にはかなりおすすめです。

MUFGカードゴールド(税抜1,905円)

MUFGカードゴールド

MUFGカードゴールドは、年会費1,905円と非常に安いゴールドカードです。

三菱東京UFJ銀行系のゴールドカードである「MUFGカードゴールド」。三菱東京UFJ銀行をカードの引き落とし口座に指定していると、銀行や提携コンビニのATM手数料が無料になるなど、使い勝手の良いサービスが魅力的です。

入会時に指定した記念月のご利用ポイントが1.5倍になるなど、MUFGカード独自のサービスがあります。年間の内、決まった月に出費が増える場合は、このサービスを使用すると効率よくポイントを貯めることができます。

またMUFGカードゴールドには、「海外旅行傷害保険」「国内旅行傷害保険」「ショッピング保険」「国内渡航便遅延保険」の4種類の保険が付帯しており、手厚いサポートを受けることができます。国際線を利用する際に、国内6空港とホノルル国際空港のラウンジを利用できるのも魅力的。

年会費は安いですが、ゴールドカードとしての機能は充実していますね。


楽天ゴールドカード(税抜2,000円)

楽天ゴールドカード

こちらも年会費2,000円とお安いゴールドカード。

「楽天カード」と「楽天プレミアムカード」の中間にあたる、「楽天ゴールドカード」。通常のカードよりもワンランク上のステータスを持ちたいという方におすすめです。

入会し、1回利用するだけで最大11,000円相当のポイントが付与されるので、年会費を考慮しても大変お得なカードです。通常の楽天カードを楽天市場で利用した場合、ポイントは4倍ですが、ゴールドカードを利用するとなんと5倍に。日常的に楽天市場で買い物をする場合、1倍の差はかなり大きいと思いませんか?

また、国内の主要空港、ハワイのホノルル国際空港、韓国の仁川国際空港のラウンジを無料で利用できるのも嬉しいですね。

もちろん海外旅行傷害保険も付帯しているので、もしもの時も安心です。その他、インターネット上で不正にカードを利用された際の補償制度も自動付帯しているので、ネットショッピングをよく利用する方には特におすすめのゴールドカードです。

こちらも安い年会費ながら、ラウンジ利用などゴールドカードとしての機能は十二分。さらに楽天のサービスを利用すればポイント還元率も高くなるので、安いだけでなく、パフォーマンスにも優れた一枚です。


せっかくゴールドカードを持つなら、ハイスペックでステータスの高いカードが良い!
そんなあなたにおすすめなのは、アメリカン・エキスプレスのゴールドカードです。

旅行によく行く方にとって嬉しい特典が盛りだくさんで、年会費は高いですが、それ以上の割引特典も多数!

アメックス・ゴールドカード

アメックスゴールドカード

年会費29,000(税抜)の「アメリカン・エキスプレス(アメックス)・ゴールドカード」。国内外200店のレストランで、1名のコース料金が無料になる「ゴールド・ダイニング」や世界中の400以上のレストランで、優待価格やボトルワインサービスを受けられる「Taste from American Express Invites」など、お得なサービスが盛りだくさんです。

また、アメックスならではのトラベルサービスは、ゴールドカードの中でも群を抜いています。国内外のホテルやツアーの料金が5%〜8%オフになるお得なサービスはもちろん、海外旅行の際には手荷物無料宅配サービスも利用できます。海外旅行の際に、大きなスーツケースを持って移動するのは大変ですが、アメックスの宅配サービスを利用すれば、自宅から空港まで手ぶらで行くことができます。

もちろん旅行障害保険も付帯している他、国内外850か所以上の空港ラウンジが無料で利用できるので、安心してゆったりと海外旅行を楽しめるのではないでしょうか。

年会費は高いですが、その分サービスはかなり使えるものばかり。アメックスのサービスの質を考えれば、高い年会費以上の価値はありますよ!


ANAアメックス・ゴールドカード

ANAアメックスゴールド

年会費31,000(税抜)とこちらも高い「ANAアメックス・ゴールドカード」。「アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」同様にトラベルサービスが充実しています。

ANAアメックス・ゴールドカードで特に注目したいのが、ポイントプログラムです。
ANAグループでのカード利用ポイントが2倍と高いので、効率良くANAマイルを貯めることができます。

ANAグループ便はもちろん、ANAマイレージクラブ提携航空会社便の利用でもANAマイルが貯まる他、区間基本マイレージ+25%のボーナスマイルが貯まるため、飛行機に乗る頻度が高い方にはとてもお得なカードです。
また、入会時には2000マイルが付与され、カードを継続すると毎年2000マイルも無料でもらえます。

ANAアメックス・ゴールドカードの特におすすめの特典として、プロテクションサービスがあります。海外旅行の予定を立てていても、急な出張や病気で行けなくなってしまった場合、キャンセル費用等を補償してくれる「キャンセル・プロテクション」。ネット上でカードを不正利用された際に補償してくれる「オンライン・プロテクション」。カードで購入した商品が購入から90日以内に壊れたり盗難されたりした際に補償してくれる「ショッピング・プロテクション」など、手厚い補償サービスがANAアメックス・ゴールドカードにはあります。

これを全てカバーするために別途保険に入ると面倒ですし、お金もかかりますが、「ANAアメックス・ゴールドカード」を一枚持っていれば全てを補償してくれるのでとてもお得です。


紹介した2枚のカードは、年会費は高いですが、それ以上にパフォーマンスが高いカードです。
特に旅行に行ったり、飛行機に乗ることが多い方にとっては、高い効果を発揮する一枚になってくれます。


年会費永年無料のゴールドクレジットカードはある?

年会費無料のカードはあるのか?

様々なサービスを利用することのできるゴールドカード。でも年会費無料のカードに慣れていると、カードの年会費を払うことに抵抗がある方もいらっしゃいますよね。そんな方におすすめなのが、年会費無料のゴールドカードです。

もちろん年会費を払うゴールドカードに比べると特典は劣りますが、通常の無料カードにはない特典があります。

イオンゴールドカード

イオンゴールドカード

イオン系列のスーパーやショッピングモールで買い物をする方におすすめなのが、イオンゴールドカードです。

年会費無料にもかかわらず、国内・海外旅行損害保険が利用付帯の他、カードで購入したものが偶然の事故によって破損した場合に、最大300万円まで補償するショッピングセーフティ保険も付帯しています。

また、全国のイオンラウンジも無料で利用できます。イオンモールなどに設置されているイオンラウンジは、トップバリュのお菓子やドリンクを無料で試しながらゆっくりとくつろぐことができる空間です。

管理人もよく利用しているのですが、広々としたソファーに座り、コーヒーや紅茶はもちろん、フルーツジュースや炭酸水など様々なドリンクを自由に試すことができ、とても快適な空間です。買い物の合間にほっと一息ついたり、待ち合わせなどに利用できるので重宝しています。


イオンゴールドは羽田空港のラウンジもOK!

羽田空港ラウンジ利用可能

イオンゴールドカード会員は、無料で羽田空港のラウンジを利用することができます。関東近辺に住んでいて、飛行機に乗る時は羽田空港しか利用しないという方も多いのではないでしょうか。

その場合、高い年会費を払って世界中の空港ラウンジを利用できるゴールドカードよりも、年会費無料のイオンゴールドカードで十分でしょう。


条件付きで年会費無料になるエポスゴールドカードも


条件次第で年会費が無料に

通常、ポイントの有効期限が2年間のエポスカードですが、なんとエポスゴールドカードならポイントを有効期限なしで貯めることができます。

そんな使い勝手の良いエポスゴールドカードですが、年間利用金額50万円の条件を満たせば、翌年以降年会費が永年無料になります。旅行などのレジャーはもちろん、日用品などもカードで購入すれば、一年間で50万円以上利用するのはそこまでハードルが高い条件ではありません。

年会費が永年無料になったとしても、空港ラウンジ無料利用や自動付帯の海外旅行傷害保険、海外サポートデスクなど、ゴールドカードならではの手厚いサービスを受けることができるのでご安心を!


条件次第で金額が割引になるカードも!

条件次第で年会費が割引に

通常年会費10,000円(税抜)という、スタンダードなゴールドカードも、条件次第で年会費を安く抑えることができます。お申込み前に、入会したいゴールドカードに割引制度があるのか確認することをおすすめします。

楽Pay登録&利用で割引!MUFGゴールドシリーズ

楽Pay登録&利用で割引

毎月の支払金額を自由に設定できる「楽Pay」に登録&利用すると、年会費4,631円以上のカードの場合、年会費から3,000円が割引されます。

例えば「MUFGカード ゴールドプレステージ」は、年会費が10,000円なので、実質7,000円でゴールドカードを持つことができます。


様々な条件で割引適用!三井住友ゴールドカード

各種条件クリアで年会費割引

年会費10,000円(税抜)の「三井住友ゴールドカード」は、様々な条件をクリアすることで翌年以降の年会費が大幅に割引されます。

例えば、紙のカード利用明細ではなく、WEB明細にすると1,000円割引。リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」に登録&利用することで、利用金額に応じて20%引きまたは半額に!


まとめ:金額別のおすすめカード一覧はこちら!

金額別のおすすめカードは?

年会費の金額によって、サービスの内容が異なります。「年会費が安いから」という理由で選んだら、自分が必要とするサービスがついていなかった・・・また逆に、使わないサービスばかりの年会費が高いカードを選んでしまった・・・ということにならないように、事前にどのようなサービスがあるのか確認することをおすすめします。

★ハイスペックで年会費が高いゴールドカード
・アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード(税抜29,000円)
・ANAアメックス・ゴールドカード(税抜31,000円)

★平均的な年会費10,000円のゴールドカード
・三井住友VISAゴールドカード(税抜10,000円)
・楽天プレミアムカード(税抜10,000円)

★年会費2,000円前後のお手頃なゴールドカード
・MUFGカードゴールド(税抜1,905円)
・楽天ゴールドカード(税抜2,000円)

★条件付きで年会費が無料または割引になるゴールドカード
・エポスゴールドカード(インビテーションで無料)
・MUFGゴールドシリーズ(条件次第で割引)
・三井住友ゴールドカード(条件次第で割引)


いかがでしたか?
年会費でゴールドカードを選びたいという方は、是非ここまでのお話を参考にしていただくと良いかと思います。

当サイトではそれぞれのカードのメリットや機能を徹底的に解説していますので、気になるカードの詳細ページを確認してみてはいかがでしょうか?


コラム:ゴールドカードの年会費はいつ払うことになっている?

年会費はいつ払う?

カードの年会費をいつ支払うかはカード会社によって異なります。いつ入会したかによって、会員ごとに設定されている場合もあれば、入会月の1〜3か月後に支払う場合もあります。

年会費引き落としのタイミングがいつは、カード申し込み時に説明ページに明記されているので、確認してくださいね。年会費の引き落としに対応できるように、事前に引き落とし口座に年会費を入れておく方が良いでしょう。