三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカードの特徴と詳細情報

カードの基本情報


ゴールドカードとしての不動の地位を築いてきた三井住友VISAゴールドカードは、国内、海外でも通用するブランド力と手広いサービスが魅力のカードです。総合値が高いカードですので、失敗しないカードと評価することができます。 三井住友VISAゴールドカード


このカードのメリットや特典


三井住友プライムゴールドと基本的な優待特典は変わりません。

旅行付帯保険
国内旅行でも海外旅行でも最高で5,000万円の補償が利用付帯で付きます。また、国内旅行でも海外旅行でも自動付帯で最高1,000万円の補償が付くので、もしもの時に安心なのがこの三井住友VISAゴールドです。

空港ラウンジ
国内の主要な空港と仁川国際空港、ホノルル国際空港の空港ラウンジが無料で利用できるというサービスです。

海外旅行ゴールドデスク
もしもの時に、会員専用ダイヤルで無料で日本語対応してくれるサービスです。思わぬトラブルがあるのが海外旅行ですのでこういったサービスはありがたいですね。また、カードが盗難、紛失しても素早く対応をしてくれるので安心のゴールドデスクです。

ドクターコール24
こちらは24時間年中無休で医師に電話相談ができるサービスです。病院などで並んだり、予約を取ったりする必要なく医師に相談できるのは、なかなかないサービスです。手軽なのもうれしいポイント。ゴールドカードならではのサービスと言えます。

年会費とマイル


このカードはネット入会で年会費が初年度無料、翌年度以降は年会費が10,000円と、ゴールドカードの中でも平均的な年会費だと言えます。ウェブ明細とマイペイすリボを同時に利用すると年会費が4,000円にまでなるので、高い年会費を支払いたくないという方はこちらも参考にしてみるといいでしょう。

少し裏技的ですがマイペイすリボの月の支払額を990,000にしてWeb明細にすれば、通常の利用と同様に使用することができるのでお得。また、マイルに関してはANAマイレージクラブに移行することができます。

取得の条件、審査の条件


ステータスカードとして有名なこともあってか、審査基準は高めです。30歳以上で安定収入のある方が申し込み可能となっています。これより年齢が若い方は、三井住友VISAプライムゴールドカードを参考にしてみるといいでしょう。

また、年収の条件も諸説ありますが、口コミを見ていると400万円〜500万円あれば高い確率で審査に通りそうです。また、下位カードである三井住友VISAプライムゴールドカードからのランクアップを狙うとより審査に通りやすくなりそうです。

30歳以上で安定収入のある方は申込可能。年収400〜500万円あれば審査に通りやすい

このカードのステータスとよく比較されるカード


ゴールドカードの中でもかなりのステータスを誇るのが三井住友VISAゴールドカードです。特にシティゴールド、JCBゴールドと比較されることが多く、スペックも似ているので、カード選びに迷ったら、これらと比較してみるといいでしょう。これらは三大人気のゴールドカードとして地位を築いてきたカード達なので、どんな方におすすめできるカードと言えます。


次の記事をチェックする ≫